総合ビルメンテナンス

エバーオンワード株式会社


〒460-0002 
名古屋市中区丸の内2-16-22
TEL 052-231-5133
FAX 052-231-5135

設備・環境衛生管理業務について
ビルオーナー様が建物という資産の価値を維持・向上していくにあたって、弊社では建物および設備の現在の状態を綿密に把握し、突然多額の修理費・改修費が発生しないよう、諸法律に基づいたうえで、効率のよい点検周期を決定し、資産価値のさらなる向上のご提案をし、建物を利用される方々が快適で健康的に利用できるよう維持管理に努めます。


各種設備法定点検業務
消防設備、空調設備、昇降設備、給排水設備等の各種設備の法定点検(清掃)業務
各種工事
故障した設備の修理や取替または新設工事のご提案
特定建築物維持管理業務
特定建築物について建築物環境衛生管理基準に従って維持管理業務の実施
建築物環境衛生と建築物および設備のバランス

特定建築物とは、延べ床面積で3,000 m2以上有する建築物
(学校については延べ床面積が8,000 m2以上)を指します。


特定建築物の維持管理権原者(=所有者)は、建築物環境衛生管理基準に従って当該建築物の維持管理をしなければなりません。
建築物環境衛生管理基準は、法第4条第2項において「空気環境の調整、給水及び排水の管理、清掃、ねずみ・昆虫等の防除その他環境衛生上良好な状態を維持するものに必要な措置について定めるものとする」とされています。



これに準じ下記項目を実施基準に従い、環境衛生上良好な状態が維持できるよう建物管理のお手伝いをいたします。

法定点検項目
空気環境測定 / 貯水(湯)槽の清掃 / 水質検査 / 残留塩素等の測定
排水槽清掃  / 日常清掃      / 定期清掃 / 害虫防除


※建築物環境衛生管理技術者を選任し建築物環境衛生維持管理のための計画・立案 → 定期点検・清掃を実施 → 報告書作成・
 保管まで一連の業務を行います。
 また、所轄保健所からの立入検査の際は同席し、建物所有者様(または建物管理者様)と保健所とのパイプ役を致します。
建物の衛生度合、正常な設備作動が保たれているだけでは総合メンテナンスにはなりません。
建物の躯体状況や外壁診断・非常照明の点灯確認・防排煙や換気設備の風量測定・防火扉や防火シャッターの動作確認等も非常に重要な法定検査項目となります。
建築士または調査(検査)有資格者による、特定建築物定期調査・建築設備定期検査・防火設備定期検査の実施体制も整えております。